tp-link『Deco X20』でWi-Fi6&メッシュWi-Fiを導入してみる

ネットワーク環境の更新に伴い、電波状況改善のためWi-Fi環境をNEC『Aterm WG1200HP』からメッシュWi-Fiのtp-link『Deco X20』2台にしました。

<申込日:2021年9月>購入価格:0円

tp-link『Deco X20』にした理由

・大正義「0円!」

プロバイダーのeo光が加入者向けに1か月無料の「eoメッシュWi-Fiお試しキャンペーン」をしており、更に「eoチケットを2枚使用すると追加で12か月無料」ということで導入にかかる費用は0円
(解約時に手続きの手間と機器返却の送料が1,000円かかるぐらい)

お手軽にお試しできる上、使い物にならなくても懐ノーダメージってことでサクッと申し込み。

eo刻印の『Deco X20』
「eo」の刻印付きで返却時の間違え防止の配慮もバッチリ!
 

さぁ見せてもらおうか!Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiの実力とやらを!
 

tp-link『Deco X20』の設置と設定

「ブリッジモード&有線バックホール&スター型配線」で使う!
tp-link公式の下記ページを見ると無理っぽい様にもとれるが…
とりあえずやってみてダメならその時考えるスタイルで進める。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※tp-linkサポートページ「Deco間をLANケーブルで繋いで利用できますか?」
https://www.tp-link.com/jp/support/faq/1794/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

■事前に知っておきたい・やっておいた方がいいこと
・スマホにDecoアプリをダウンロードして「tp-linkID」を取得しておく。
・ルーターのDHCPは有効にしておく。
・設定は、ルーターモードで設定をしていき後でブリッジモードに変更する、という流れになる。

eoメッシュWi-Fiご利用ガイドという「これ公式マニュアルにすればよくね?」と思える出来の神マニュアルが紙媒体で添付されていたので手順をざっくりとメモ。

■岩爺が行った手順

1.メッシュWi-Fiを制御するメインとなる1台目を「書斎」に電源・LANケーブルを繋げて設置
2.設定を行うスマホのWi-Fi設定に1台目の初期SSIDを登録し接続
※初期SSIDはDeco X20の底面に記載
3.スマホのDecoアプリから1台目の設定を行う
- プロバイダー設定→動的IP(ルーターのDHCPからIPアドレスを受け取る設定)
- メッシュネットワークのSSID・パスワードを設定
- 設定を行うスマホのWi-Fi設定に新しいSSIDを登録し接続
- 高速ローミングをオン
- 動作モードをブリッジモードに変更
4.サテライト(子機)となる2台目を「リビング」に電源・LANケーブルを繋げて設置
5.スマホのDecoアプリから2台目を追加
- 1台目(メイン)から設定が登録される
6.有線バックホールになっているか確認
- Decoアプリホームの「インターネットマーク」をタップ→確認したい「サテライト(子機)」をタップ
有線バックホールの確認
↑の赤囲みのように「有線LAN」になっていればOK

以上!!

無事に「ブリッジモード&有線バックホール&スター型配線」で動作しています。

■簡易ネットワーク図
簡易ネットワーク図
だいたいこんな感じ~
 

各お部屋の電波強度はどうなった?

電波状況は改善されたのか?を調査。
 

■測定環境

測定端末
FUJITSU『LIFEBOOK E5410/D』 :Intel Wi-Fi 6 AX201 160MHz
測定アプリ
・NetSpot(電波強度測定)
・WiFi Analyzer(リンク速度測定)
測定場所
測定ポイント
測定ポイント丸囲み内の数値は改善したい優先順位
■測定結果
場所 項目 Aterm
WG1200HP
Deco X20
測定ポイント1 電波強度(RSSI) -78 dBm -30 dBm
リンク速度 650 Mbps 1201 Mbps
測定ポイント2 電波強度(RSSI) -72 dBm -56 dBm
リンク速度 650Mbps 1081 Mbps
測定ポイント3 電波強度(RSSI) -50 dBm -50 dBm
リンク速度 867 Mbps 1201 Mbps
測定ポイント4 電波強度(RSSI) -63 dBm -70 dBm
リンク速度 867 Mbps 576 Mbps
測定ポイント5 電波強度(RSSI) -82 dBm -56 dBm
リンク速度 24 Mbps 1081 Mbps

 
リビングのDeco X20は設置位置を調整する予定。

コメントをどうぞ

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>