【ベンチマーク】Lexar USBメモリ『JumpDrive S47 128GB(LJDS47-128ABBK)』

<購入日:2020年6月17日>購入価格:2,180円 (税込)

Transcend 『JetFlash 920 256GB(TS256GJF920)』を購入したのですがショップさんの「ご注文商品合計金額10,000円以上でゆうパック送料無料」に乗せられてついでに購入。
(否!あえて言おう!「乗ってあげたのだ」と)

ってことでベンチマーク!

『JumpDrive S47 LJDS47-128ABBK』パッケージ表『JumpDrive S47 LJDS47-128ABBK』パッケージ裏

付属品一切なし!端子キャップすらつかない男気仕様!
ペンケースなどに入れて持ち運びする場合は100均などで売っている小さい薬ケースなどに入れておいた方がよさそう。

Lexar 『JumpDrive S47 128GB(LJDS47-128ABBK)』の情報

製品初期のFAT32フォーマット(アロケーションユニットサイズ32K)から変更

フォーマット exFAT
アロケーションユニットサイズ 128K

・「Windows10Pro」のプロパティ
『JumpDrive S47 LJDS47-128ABBK』プロパティ

・「CrystalDiskInfo8.6.0」の情報
取得できず

Lexar 『JumpDrive S47 128GB(LJDS47-128ABBK)』のベンチマーク結果

・「CrystalDiskMark7.0.0」によるベンチマーク結果
『JumpDrive S47 LJDS47-128ABBK』ベンチ

——————————————————————————
CrystalDiskMark 7.0.0 x64 (C) 2007-2019 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
——————————————————————————
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 263.164 MB/s [ 251.0 IOPS] < 31750.52 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 255.405 MB/s [ 243.6 IOPS] < 4099.38 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 16.180 MB/s [ 3950.2 IOPS] < 86515.60 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 14.379 MB/s [ 3510.5 IOPS] < 284.59 us>

[Write]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 62.292 MB/s [ 59.4 IOPS] <133574.60 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 67.314 MB/s [ 64.2 IOPS] < 15566.34 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 18.478 MB/s [ 4511.2 IOPS] < 79592.09 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 18.187 MB/s [ 4440.2 IOPS] < 224.86 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x5) [Interval: 5 sec]
Date: 2020/06/20 10:06:10
OS: Windows 10 Professional [10.0 Build 18363] (x64)
Comment: Lexar『JumpDrive S47 128GB(LJDS47-128ABBK)』 exFAT 128K

※製品初期(FAT32:32K)のベンチマーク結果
初期状態のベンチ

【ベンチマーク】Transcend USBメモリ『JetFlash 920 256GB(TS256GJF920)』

<購入日:2020年6月17日>購入価格:8,280円 (税込)

絶賛使用中のSandisk『SDCZ80-064G-G46』が7年目に突入ってことで念のため用に購入したのでベンチマーク!

『JetFlash 920 256GB(TS256GJF920)』パッケージ表『JetFlash 920 256GB(TS256GJF920)』パッケージ裏

端子を保護するキャップあり。
ゴムっぽい弾力素材なのでプラスチックキャップの様な使えば使うほど取れやすくなるということはなさそう。
ただし外したキャップはUSBメモリのお尻につかないので紛失注意!

Transcend 『JetFlash 920 256GB(TS256GJF920)』の情報

製品初期のFAT32フォーマット(アロケーションユニットサイズ32K)から変更

フォーマット exFAT
アロケーションユニットサイズ 128K

・「Windows10Pro」のプロパティ
『JetFlash 920 TS256GJF920』プロパティ

・「CrystalDiskInfo8.6.0」の情報
『JetFlash 920 TS256GJF920』情報

Transcend 『JetFlash 920 256GB(TS256GJF920)』のベンチマーク結果

・「CrystalDiskMark7.0.0」によるベンチマーク結果
『JetFlash 920 TS256GJF920』ベンチ

——————————————————————————
CrystalDiskMark 7.0.0 x64 (C) 2007-2019 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
——————————————————————————
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 447.599 MB/s [ 426.9 IOPS] < 18686.29 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 390.978 MB/s [ 372.9 IOPS] < 2677.95 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 23.459 MB/s [ 5727.3 IOPS] < 73465.76 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 15.661 MB/s [ 3823.5 IOPS] < 261.28 us>

[Write]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 422.798 MB/s [ 403.2 IOPS] < 19764.61 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 367.016 MB/s [ 350.0 IOPS] < 2853.28 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 33.295 MB/s [ 8128.7 IOPS] < 62279.08 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 22.726 MB/s [ 5548.3 IOPS] < 179.83 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x5) [Interval: 5 sec]
Date: 2020/06/20 9:47:51
OS: Windows 10 Professional [10.0 Build 18363] (x64)
Comment: Transcend『JetFlash 920 256GB(TS256GJF920)』 exFAT 128K

※製品初期(FAT32:32K)のベンチマーク結果
初期状態のベンチ

【ベンチマーク】BUFFALO ポータブルSSD『SSD-PM240U3A-S』

<最終更新日:2020年6月20日>「CrystalDiskMark7.0.0」でのベンチ結果に更新

<購入日:2018年11月20日>購入価格:6,979円

バッファローのポータブルSSD『SSD-PM240U3A-S』のベンチマークをメモ

『SSD-PM240U3A-S』のパッケージ表

付属品
『SSD-PM240U3A-S』の付属品

『SDCZ80-064G-G46』とのサイズ比較
サイズ比較

バッファロー『SSD-PM240U3A-S』の情報

製品初期のNTFSフォーマット(アロケーションユニットサイズ4096バイト)から変更

フォーマット exFAT
アロケーションユニットサイズ 128K

・「Windows10Pro」のプロパティ
『SSD-PM240U3A-S』プロパティ

・「CrystalDiskInfo8.1.0」の情報
『SSD-PM240U3A-S』情報

バッファロー『SSD-PM240U3A-S』のベンチマーク結果

・「CrystalDiskMark7.0.0」によるベンチマーク結果
『SSD-PM240U3A-S』ベンチ

——————————————————————————
CrystalDiskMark 7.0.0 x64 (C) 2007-2019 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
——————————————————————————
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 445.190 MB/s [ 424.6 IOPS] < 18797.18 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 389.909 MB/s [ 371.8 IOPS] < 2684.19 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 121.152 MB/s [ 29578.1 IOPS] < 17257.53 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 19.313 MB/s [ 4715.1 IOPS] < 211.88 us>

[Write]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 422.767 MB/s [ 403.2 IOPS] < 19699.94 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 365.743 MB/s [ 348.8 IOPS] < 2862.06 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 144.291 MB/s [ 35227.3 IOPS] < 14494.12 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 40.815 MB/s [ 9964.6 IOPS] < 100.18 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x5) [Interval: 5 sec]
Date: 2020/06/20 9:19:21
OS: Windows 10 Professional [10.0 Build 18363] (x64)
Comment: バッファロー『SSD-PM240U3A-S』 exFAT 128K

【ベンチマーク過去ログ】

・「CrystalDiskMark6.0.2」のベンチマーク結果
『SSD-PM240U3A-S』ベンチ

※製品初期(NTFS:4096バイト)のベンチマーク結果
初期状態のベンチ

【ベンチマーク】Sandisk USBメモリ『SDCZ80-064G-G46』

<最終更新日:2020年6月20日>「CrystalDiskMark7.0.0」でのベンチ結果に更新

<購入日:2013年11月8日>購入価格:7,230円

今更ですがSandisk『SDCZ80-064G-G46』のベンチマークをメモメモ

『SDCZ80-064G-G46』のパッケージ表『SDCZ80-064G-G46』のパッケージ裏
大昔に撮ったパッケージ写真があったので載せとく

端子はスライド式

Sandisk『SDCZ80-064G-G46』の情報

フォーマット exFAT
アロケーションユニットサイズ 128K

・「Windows10Pro」のプロパティ
『SDCZ80-064G-G46』プロパティ

・「CrystalDiskInfo8.1.0」の情報
『SDCZ80-064G-G46』情報

Sandisk『SDCZ80-064G-G46』のベンチマーク結果

・「CrystalDiskMark7.0.0」によるベンチマーク結果
『SDCZ80-064G-G46』ベンチ

——————————————————————————
CrystalDiskMark 7.0.0 x64 (C) 2007-2019 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
——————————————————————————
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 252.097 MB/s [ 240.4 IOPS] < 33160.50 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 236.980 MB/s [ 226.0 IOPS] < 4418.04 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 11.157 MB/s [ 2723.9 IOPS] <107286.12 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 10.106 MB/s [ 2467.3 IOPS] < 405.02 us>

[Write]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 205.527 MB/s [ 196.0 IOPS] < 40615.79 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 201.139 MB/s [ 191.8 IOPS] < 5204.95 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 7.516 MB/s [ 1835.0 IOPS] <128589.68 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 6.621 MB/s [ 1616.5 IOPS] < 617.47 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x5) [Interval: 5 sec]
Date: 2020/06/20 9:27:27
OS: Windows 10 Professional [10.0 Build 18363] (x64)
Comment: Sandisk『SDCZ80-064G-G46』 exFAT 128K

【ベンチマーク過去ログ】

・「CrystalDiskMark6.0.2」のベンチマーク結果
『SDCZ80-064G-G46』ベンチ

無線LAN(Wifi)環境を「プチっ」とパワーアップ!

姪っ娘(と姉貴)のiPhone6がお家WiFiへの接続が不安定な事と、岩爺もそろそろ(2ケ月後ぐらい)11acな「iPhone6s」を手に入れる予定と合わせて、WiFi環境周りのプチリプレースを行いました。

■買い替え前の無線LAN(WiFi)環境
設置場所 製品 対応通信規格 対応無線暗号化方式
(WEPは除外)
2F納戸天井付近 NEC『Aterm WG600HP』 a/b/g/n(2.4/5) WPA-PSK(TKIP/AES)
WPA2-PSK(TKIP/AES)
1FリビングTV台中 BUFFALO『WLA2-G54C』 b/g WPA-PSK(TKIP/AES)
2F岩爺の部屋
※一時使用
NEC『Aterm W500P』 ac/a/b/g/n(2.4/5) WPA-PSK(TKIP/AES)
WPA2-PSK(TKIP/AES)

リビングに設置中のアクセスポイントBUFFALO『WLA2-G54C』が購入してから10年選手で
・無線暗号化でiOS8以降と相性の悪い「WPA」しか選択できない(WEPはそもそも眼中に無し)
・通信速度が最大54Mbpsと3桁越えの今と比べると流石に見劣りがする
ってことで
『1階のリビングで11acなiPhoneを快適に使う』
との大義名分を掲げて買い替え。

機種選び

・当然11ac対応
・2階に設置している既存ルーター『WG600HP』と有線接続(1Gbps)をしてアクセスポイントとして機能する機種
・365日24時間常時無線(Wifi)通信をする訳ではない
・無線(WiFi)接続をする手持ち機器が1ストリーム製品のみなので複数ストリーム使用した高速通信な機種は不要

ってことでNEC『Aterm WG1200HP』をめでたく購入!
NEC Aterm WG1200HP

下位モデルのNEC『Aterm WG1200HS』でも充分だったのですが

・ビームフォーミングでWiFi機器を狙い撃ち!(ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だ!)
・中継機としても使用可能!(今のところ全く使う予定はありませんが)
・購入時の値段差が200円!(WG1200HPが6,500円、WG1200HSが6,300円)

ってことで『WG1200HP』に決めました。

■買い替え後の無線LAN(WiFi)環境
設置場所 製品 対応通信規格 対応無線暗号化方式
(WEPは除外)
2F納戸天井付近 NEC『Aterm WG600HP』 a/b/g/n(2.4/5) WPA-PSK(TKIP/AES)
WPA2-PSK(TKIP/AES)
1FリビングTV台中 NEC『Aterm WG1200HP』 ac/a/b/g/n(2.4/5) WPA-PSK(TKIP/AES)
WPA2-PSK(TKIP/AES)
2F岩爺の部屋
※一時使用
NEC『Aterm W500P』 ac/a/b/g/n(2.4/5) WPA-PSK(TKIP/AES)
WPA2-PSK(TKIP/AES)

んで

特に問題も無くBRモード(アクセスポイントモード)でサクサクッと設定をして姪っ娘(ついでに姉貴のも…)のiPhone6もバリ3アンテナで接続できましたとさ!

メデタシ~メデタシ~!